フォト

最近のトラックバック

抜釘手術

やっと?もう?鎖骨の抜釘手術をしました。

プレートを入れるときは2泊3日だったけれど、抜釘は1泊2日。
手術当日の朝に入院です。

入院の部屋はベットは違えど4人部屋で前回と同じ部屋。
手続きを済ませて

  12時過ぎに手術着に着替え、13時15分頃になると言われてまっていると、
  13時に「準備が完了したので直ぐ来てください」と言われて慌てて手術室へ。

  前回ほどの緊張はないけど、手術となるとやはり緊張する。

  手術台に乗せられ、センサー類をつけてから、マスクと点滴で麻酔開始。
  「このまま意識がとばなかったらどうしよう」とか思っている間に意識が飛んだ。

  気が付くと手術は終了していて、送管具はまだ状態で起こされた。
  手術直後は前回に比べて直ぐに意識ははっきりしていた。

  手術時間は1時間程度で終わったらしい。

20161021_170413

  意識はけっこうはっきりしていて、16時には水を口にする許可が出て、
  17時には酸素マスクも取り外し。

  18時の夕食は食べられました。

  23時頃には今日の分の点滴も終わり、点滴スタンドを持たずにトイレに行けるよう
  になりずいぶん楽になった。

  次の日、朝食の後、朝から点滴をもう1本。
  で、退院。

  プレートを入れる時に比べてずいぶん楽な入院だった。

伊豆一泊ツーリング

SRTTツーリング部の伊豆一泊ツーリングに参加しました。

まだ肩にプレートが入ってる状態でバイクは控えていたけれど、
「美味しい魚」に惹かれての参加です。

まずは集合場所の小田原厚木道路の小田原PAへ。箱根方面へ行くのはとっても久しぶり。

Cimg0279

小田原から箱根新道を経由して伊豆スカイラインへ。
伊豆スカイラインの途中の峠の茶屋でお昼。

20161015_115758

その後にトラブル発生。西天城で県道410号を下っているいる途中で
ツーリング参加者の1台が側溝に落ちて転倒。
バイクのフロントを下に90度に逆立った状態になってた。
ライダーさんには前に投げ出される感じながらも怪我はなく一安心。

20161015_134554

バイクを引きげて応急修理をする人たち(大事と思って、バイクが逆立った写真は誰も撮ってなかった)。

  バイクの損傷もバイザーとヘッドライトケースにヒビが入った程度で、
走行への支障は無いぐらい。
  転倒状況からすれば、ビックリするぐらい損傷は少なかった。

その後は比較的おとなしく、下田を経由して弓ヶ浜の宿へ。
夜は期待した魚料理。

20161015_175714


水揚げの都合により金目の煮つけが伊勢海老に変更してるけれど、1人に1匹と豪勢な夕食。

翌日の朝食には昨日の伊勢海老の頭が味噌汁としてでてきた。

20161016_072934


宿を出発するとすぐに峠道に突入。

延々と峠道を走った後に、西天城で休憩。
ここからは西伊豆スカイラインを走ってだるま山高原のレストハウスで昼食。

Cimg0292


景色は良いけれど、食べ物は観光地的な感じ。。

修善寺に降りて、国道136号をつかって三島、国道1号で箱根。
最後に芦ノ湖スカイライン、箱根スカイラインをつないで御殿場。

御殿場で解散となりました。

手術から1ケ月

手術から1ヶ月、経過診断のための通院でした。

『順調に骨はくっつき初めてる』との診たて
なかなか骨が付かない場合もあるそうなので、一安心。

早めに抜釘する必要があるので、10月末か11月初めあたりに
抜釘手術ができるんじゃないかなと。

あと90度程度までなら腕を動かすようにも言われた。
あまり動かさないのも肩が固まってリハビリがたいへんになるそうだ。

これまでウォーキング程度にとどめていた運動も、少しずつ始めよう。
体力が落ちちゃってるから、ちとたいへん。

不便な生活もあと2ヶ月。

手術後10日目 抜糸

手術から10日、抜糸。
シャワー程度ならOKが出た

引きこもり生活もこれでおさらば
この暑い時期に『手術痕に水をかけるな』と言われると、

家でクーラーかけてじっとするしかないでしょ。

手術痕は防水テープで保護してあり、はがすと一人では貼り直せないので手術痕をはじめて見た

最近ではホッチキスやテープで塞ぐらしいけれど、私の場合は糸っぽい
抜糸は少しちくちくする程度で、5分程度で終了

手術痕にはバンドエイドを傷に直行するかんじで3枚貼る

これで経過を見ながら、骨がくっつくのを待つ

鎖骨の固定のために肩甲骨にもボルトが入ってるので、無理して肩を動かすなと念を押された
そして、3ヶ月程度で骨がついたら、早期にプレートを外すと説明があった

帰り際に、三角巾をつけなくて良いか確認したことろ、OKが出たので
三角巾生活も終わった

退院

昨日はけっきょく午後からずーっと寝っぱなし。
5時前には目がしっかり覚めた

目は覚めたけれど、
右肩は麻酔で感覚が鈍く三角巾で吊った状態に左手は点滴をしている
寝返りも打てないので、ベットの上でひたすら時間が経つのを待つ

『手術後は腹が減って』と聞くけどそれほどでもない

8時になってやっと朝食が配膳された
点滴をしたままだと食べ難いけれど、右手も肩を動かさなければ十分使えた

その後、回診の時に予定通り退院するかどうか確認されたので
このまま病室で寝てるのも暇なので退院を選択

退院を決めたものの点滴をしたままだとちょっと弱気
点滴を外してもらうと、病人気分も収まりいきなり元気がでてきた

やっぱり病は気から?

退院手続きをして、2泊3日の入院生活が終了

«手術当日

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ