フォト

最近のトラックバック

サマーランド・ハイパー

先週のトミンに続いてサマーランド・ハイパーに(また)参加。
今回の参加者が3,4月に比べて少なかった。
そろそろ梅雨のため警戒してたのか?と

20160604_083512

午前中は完熟の後は、いつものカリキュラム。
DR-Zはスッテップ荷重より外足でタンクを押すほうが車体がよく動くので、
外足を使っていたら、リーンアウトっぽい乗り方に。

すかさず、『内側に体を入れと』と指摘された。
相変わらず、四苦八苦しながらカリキュラムをこなす。

午後からは、残りのカリキュラムをこなしてから、応用走行。
4月のサマーで指摘されたラインを意識したラインを意識して走行。
コーナー進入で縮めたフロントサスを腕の力も使って伸びを抑えると、比較的小さくパイロンが回れた。

コース後半の大きめのオフセットはできるようになったが、前半の小さめのオフセットは
まだ、フロントサスを縮めたまま曲がれない。
けっか、すこしギクシャクした感じに。
前半のオフセットを重点的に意識して走ると、ちょっとはマシになってきた。

前後のサスを別々に動かしていたのが、前後の動きがリンクしてるのが感じられるようになってきた。

サマーランド・ハイパー

サマーランド・ハイパーに参加しました。

20160409_080528

先月に続いて2回目。コースとカリキュラムは経験済みなので、やることはわかっているので、少し余裕を持ってスクールにのぞめました。

午前中はカリキュラムでは、相変わらずステップワークがスムーズにできない…。SSと同じようにステップを踏んでも車体が動かない。
8の字と360度ターンは、前回比でスムーズに回れるようになった。

午後の応用走行では、Sイントラからオフセットのライン取りについてアドバイスをもらった。2~3回実演までしてもらったので、自分でもやってみたけど、同じようなラインを通れないんですけど…。
タイトに曲がるはずが、逆に立ち上がりで外にはらんでしまって、Nイントラから危ないと注意を受けてしまうしまつ。
パイロンをタイトに回るべく、いろいろ試しているうちにパイロンを回ったところでエンスト、そしてボテゴケ…。その後は、半クラを使うことでエンストを回避しつつ、ちょっとだけタ
イトなラインを通れるようになった。

スクールが終わりに近づいたところで、Sイントラにサスセッティングをいじってもらいながら走行。今回は前後のテンションを変更してもらった。これまで主にコンプをいじってきたけれど、テンションでも車体の動きがけっこう変わる。リアのイニシャルもいじりたかったけれど時間オーバー、スクールの終了時間になってしまった。
サスセッティングの方向性としてはもっとピッチングを出す方向にしたいとアドバイスをもらった。

スクールが終わり、お尻がヒリヒリする。トミン・ハイパーの後も同じようにお尻がいたかった。どうもDR-Zでスラロームをやると、革パンの中で擦れるのか、擦り傷ができてるようだ。

トミン・スラローム

SRTTのスラロームに参加しました。

走り始める前、タイヤを確認するとフロントタイヤの右側がえぐれ気味に減った上、スリップサインは既に出かかってました。

走り始めると、完熟走行の段階で右コーナーで倒れこみそうなことが2~3回あって直ぐにチキンな気分。その後は、右コーナーが慎重になりすぎて、一日を通していま一歩楽しめなかった。

今日のスラロームの内容は、SS泣かせなセクションは設定されなかったけれど、ジムカーナ風に360度ターンを組み込んだコース設定がありました。
途中、Y下イントラからもっと上体を起こしたフォームを提案されたので、フォームを意識して走ってみたりしたけれど、やっぱりタイヤに不安が残り今一歩。

午後の走行中に、にしのさんのR1、YイントラのR600に少し乗せてらいました。タイヤに不安が無いのはやっぱりいいなぁ、というのはおいといて…

  • R1 '06
    自分のR1と年式まで一緒。とはいえ、けっこう乗車フィーリングは違いました。自分のR1と比べてフロントが高くて、車体を左右に振った時の車体の反応が軽く感じました。自分のR1はハンドルが切れ込んでくる感じが強いのを認識しました。
    逆に、私のR1に乗ったにしのさん、リアブレーキのペダル位置が高すぎて乗り難かったらしい。
  • R600
    跨った感じコンパクトなんだけど600RRとは違ったコンパクトさを感じました。シートが低いので、相対的に高い位置にあるタンクが大きく見える割にポジションが小さいためか。R1から乗り換えるとちょっと変な感じでした。
    走った感じは、スラローム的な走り方では前に出ない。600ccという排気量もあるけれど、それよりも低いギアのアクセル開け始めのパワーが抑えられているというか、アクセル操作に対して、妙にスムーズに回転数が上がっていきます。以前、R1000'05でも同じ様な感じがしたので今のスズキはこういう味付けなのかも。

タイヤのせいで不満の残るスクールだったけど、他の人のバイクに乗せて貰えたのは良かったかなぁ。自分のR1がハンドルが切れ込むってことが分かったし。

R1のタイヤを考えないと、ロッソコルサかα12か…。

SRTTスラローム

SRTTのトミン・スラロームに参加しました。

先月の雪に続き、今月のトミンも荒れた天気でした。

トミンへ向かう途中、強風と強い雨で中止になってもおかしくないでした。トミンに着く頃には雨足は弱くなったけど、風はかなり強いまま。それでも受付が始まる頃には自走の参加者が集まってきました(あの天候の中、自走でくるなんて…)。

スクールが始まる頃には風も弱くなり雨の殆ど止み、路面はまだウェットながらまあまあのコンディションでの走行が期待できます。

スクールが始まってしばらくして所々路面がドライになったところで、また雨が降ってきて午前中いっぱいはウェット路面での走行。お昼休みをはさんで午後からは天気も完全回復、ドライ路面での走行となった。

スクールの内容は、事前説明で「スラローム班は放置します」との言葉どおり、ひたすらスラロームコースを走行のカリキュラム。

ただし先月から「リアブレーキを使う」をテーマにSS泣かせのセクションが設けられていました。もっとスパッと切り返せばうまく抜けられるのに、できないのでリアブレーキを踏みっぱなしでなんとか抜ける感じのもどかしいセクションでした。

最後の1時間を切った頃、入門クラスも一緒にフルコースを走行。途中、バイクが思ったように進まなくなった。思ったより前に進まない感じ。車体の異常を疑ったけれど特に異常もない。様子を見ながら走ってみたけれど異常は無し。

ラスト1週の合図の後、走りだしたところで、リアブレーキがスカッと踏み抜けてしまった。一瞬ブレーキレバーが脱落したのかと思ったけれど、完全にフェードしてしまった。

今月はサスを動かすことを意識したいため、前後のイニシャルを少し抜いてみた。なんとなく曲がり易かったけど、まだサスの動きをうまく使えてないまま。まだまだ練習が必要です。

雨天走行の後に風で飛んできた砂、またもやR1はどろどろ。

SRTTトミン サーキット・ミーティング 雨


SRTTトミン サーキットミーティング に参加しました。

 天気予報では1日中雨。雨を覚悟して参加したけど、トミンに到着してウェットなコースを見るとやっぱりテンションが下がる。 それにかなり寒い。

IMG_1142
 
 一日スラロームっぽいので、ツナギはやめて革パン+ジャケットの格好に決定。ツナギを濡らすとあとめんどくさいし。 ジャケット+カッパであまり寒さは感じない。

午前
 まずは、コース上に置いたパイロンを使ってスラロームを開始。
 走り始めて、タイヤがグリップする感じが全然しない。接地感を感じられず、コーナーでは怖くて寝かせていけない(他の参加者と比べても)。 ぜんぜん寝かせていないにもかかわらず、フロントが妙に切れむように感じる。頭の中では「タイヤが終わっているから」の言い訳モードに突入。
 スラロームを続けていると、Nイントラからリアブレーキだけで曲がっていることを指摘され、 フロントブレーキで前下がりの姿勢を作るよう指示を受ける。といってもその後も全然フロントブレーキがかけられないまま。
 次はブレーキの練習。ブレーキの練習は車体を寝かさないので安心して出来る。車体のホールドと、 停止直前にバランスを崩し気味になることについて指摘を受けたけど、概ね良いとコメントしてもらえました。
 ブレーキの練習の後は、もう一度スラローム。休憩中にフロントのイニシャルを-1回転して、 フロントを動くようにするとフロントの接地間はでてきたように思う。けど、まだリアの接地間が感じられない。 Nイントラからも最初のスラロームよりましになったとの言葉をもらえた。

午後
 午前に比べて、さらに雨がひどくなってる。そんな状況でも午後の走行が開始。 午前フロントをいじって接地間がでたのに気を良くしてリアのイニシャルを-1回転してスラローム走行。けれど、 前後のバランスが変わって朝一の感じに戻ってしまった。仕方がないので、リアは元に戻して走行。
 途中、逆周りでコースを走行。1コーナーの進入の大きなギャップ(正周りなら最終立ち上がり)がとっても気になる。
 少し後ろ気味に乗りフロントに頼り過ぎないように、ある程リアタイヤは度滑るものと思って乗れば遅いながらも楽しい。
 それでも他の参加者との違いを考えながら走っていて、タイヤの空気圧を思いつく。 休憩時間にタイヤの空気圧を見ると走行直後なのに前後1.8kg/cm^2。雨でタイヤをつぶせないうえに寒さで、 タイヤ温度が発熱させることができない→空気圧が低いためタイヤの接地面広がる→接地圧が分散したため、接地感が無い と推測。 タイヤの前後空気圧2.1kg/cm^2に調整。
 休憩が終わると参加者を集めてミーティング。悪天候により残り15分2セットは希望者のみ、走らない人はこれで解散となりました。
 せっかく空気圧を調整したので違いを試したかったので走行を希望。走行を開始するとかなり良い感じ。 アクセルとブレーキを調整前より安心して使うことができる。コーナーで寝かせることができないのは変わらないけど、 恐々走ってるって感じではなくなった。少し滑る感じに慣れたのもあって結構楽しくなって来たところで1セットめが終了。 調子に乗ってコケルとシャレにならないので、2セットめの走行はやめて、本日の走行は終了。

 今回はR1に乗り換えて発の雨走行となりました。去年カッパを買い換えて試着以外で初めて袖を通したことになる。 前後のセッティングやタイヤの空気圧、タイヤの滑る感覚など雨の走行は良い練習になる。けれど、 やっぱりバイクはドライの状況で乗るほうが楽しいと思う。

 

トミンスラローム

 トミンスラロームに参加しました。
 前日の走行会と迷いましたが、「いま必要なのは基本テクニックだ!」との思いで、スラロームへの参加にしました。
 結果は大正解、昨日の走行会は みぞれ、雪、吹雪と言われる悪天候だったようですが、一転して、雲ひとつ無い快晴、 日向ではけっこう暖かかったです。

  久々のスラローム、下手になってます。ぜんぜん前のバイクについていけませんでした。 タイヤの片べりを言い訳に休んでばかりいたため、とあまり上達にはならなかったかも…。

 いくら悪天候のほうが練習になるとはいえ、バイクは天気の良いときに乗りたいものです。
IMG_0346 雲ひとつない快晴

全日本モテギ

MFJ全日本ロードレース第一戦モテギへ行ってきました。

4/7にスポーツ走行に行くつもりでいたので、ちょうど前日に全日本があったので、前日からモテギへ行ってレースも見てきました。 ライセンスを持ってると観戦は無料だし。

IMG_7358

家をAM6:00に出発すると、モテギにAM8:30頃到着。入場するとロードコースのず~っと手前、ダートラコースの手前で、 「これより先の駐車場は満車」と言われ、指示に従って走ると東ゲートの直ぐそばの駐車場へ案内されました。コースまで遠い。。。。

 

観戦エリアに行くと駐車場が満車の割りにはそれほど混んだようすもなく。。こんなもんなのか。

 

レースの方はST600は赤旗中断のままレース終了、ちょっと肩透かしな感じでした。 JSBも予選トップのヨシムラの秋吉がウォームアップの後、ピットに戻ってそのままリタイヤ。 レースもヤマハの中須賀が危なげなく勝ちました。90度コーナーで見てたけど、あまりパッシングも無く、 観るという意味ではいまいちなレースでした。

IMG_7498 

SRTTでお世話になってる 、Kイントラが走るGP-MONOは決勝が土曜なので、観れませんでした。

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ