フォト

最近のトラックバック

トミン走行会 のお手伝い

トミン走行会のお手伝いに行ってきました。

今月は雨を覚悟してたけど、天気は晴れでした
晴れると気温は30度にもなって、それはそれでたいへん

20160611_072934

今日の走行会、参加者は40人を超えているらしく、主催のN藤さんもご機嫌っぽくみえる

20160611_082559

まずはAクラスを少し走らせてもらって中間を濃く振った感触を確認
8,000回転のつき始めあたりで他の600に遅れるので、8,000回転をピンポイントで濃くしてみたがそれほど変化はなし

いつもは先導クラスの先導で入るけれど、今日の先導クラスは台数が多い割にペースは比較的そろっていたので、先導クラスでの先導は無し。
代わりにCクラスのペースメーカーとして走行

午後のC枠一本目、走行後にマフラーステーが割れてた

20160611_140623

スペアをもってたので速攻交換
オーバーホールでエンジンはスムーズに回ってるのに、マフラーの集合部分からカタカタ(ガタガタ?)と盛大にノイズが発生して
せっかくのオーバーホール後の良い感じが台無し
マフラーを交換したいなぁ…

筑波スポーツ走行 慣らし走行

4月のTT以来、久々に筑波を走った。慣らし走行だけど…

先の週末に6Rがオーバーホールから上がって来たので、
「慣らしは早めに済ませておこう」
と言い訳をしつつ、休みをとって筑波へ。

20160601_113425

A枠は午後からにもかかわらず、筑波出勤はいつもも通り朝の6時頃には筑波到着
午前中はのんびりと整備

ビニールテープで『ナ』のマーキングをして慣らし走行

6,000回転から始めて
1本目で10,000回転まで、2本目で16,000回転まで、一応慣らしは終了。

3本目はフリー走行
とにかく無心に近く走行。
速度は乗ってるらしいけど、走ってる本人的にはトルク感が足りない感じ
中間の燃調が薄いとのコメントをもらったので、しばらくは燃調を調整が必要

11日のトミン走行会は、慣らし気分の先導走行の予定です。

エンジン・オーバーホール

6Rをエンジン・オーバーホールへ出しました。

先日の筑波TTで一生懸命走った割にタイムは縮まらず、無理してる割に前のバイクとの差が縮まらなかった。
レースを観ていた人によれば、最終の立ち上がりでの加速が他のバイクに比べて劣っていたらしい。

「マシンの劣勢はテクニックで…」といえる程上手でもないので、エンジンのオーバーホールへ出すことにしました。

  昨日、モテギで慣らし中のピカピカのバイクを見た後だと、自分の6Rがみすぼらしく見えます。
  もちょっと洗車をして、自分のバイクをかっこ良く保つことに気を使おうと思いした。

モテギ スポーツ走行

GW2日目、ツインリンクモテギのスポーツ走行を走りました。

20160430_074028_3

1本目
  走行会後、3週したところでいきなり赤旗。V字からピットインレーンにかけて液体を撒いたらしい。
  走行再開までけっこうな時間をまたされました。
  で、走行再開。

  モテギの走行はかなり久しぶり。
  ギア、ライン取り、ブレーキ全部ダメ。
  まあ以前モテギを走ったときも、ダメだったのですが。

  まずコーナー途中のアクセルを開けないといけないところで開けられない。
  コースの外に行ってしまいそう。
  コーナー中、荷重が掛かった時の車体の姿勢が後ろ下がりになっているのかしれない。

2本目
  1本目の感じからフロント・リアのイニシャルを強目に。
  1本目に比べてれば、コーナーと途中からアクセルを開けていけるようにはなった。
  今度は、ブレーキング、立ち上がりで車体が少し動きすぎる感じ。

  しばらく走ったところで、メーターにFuelの点滅。
  警告が出るのが早い?とは思いつつも、走行枠内は走りきれるんじゃないかと思っていたら、
  4コーナーを立ち上がった辺りで、アクセルを開けてもバイクが反応しない…。
  ガス欠やっちゃったらしい。

  走行前に筑波+2L程度のガスを補給したんですが、足りなかったらしい。
  しばらくすると走行が終わり、ドナドナカーに拾われました。2度目のドナドナかーでした。
  私の後に、さらに2台拾ったけれど、両方ともガス欠のようでした。
  コースが広いだけに、ガス欠のトラブルも多いのかも。

  今日はもう一本、枠があるので走るかどうか考えて…結局走ることにしました。

3本目
  フロントの伸・圧側ダンパー、リアの圧ダンパーを少し強めに調整。
  調整の方向性があってなかったようで、ところどころで路面の荒れが気になるようになった。
  残り10分程度のところで赤旗が出たためピットイン。
  そのまま今日の走行は終わりにしました。

走行終了後、振り返ると、
各コーナーで速度を落としすぎてる
もっとブレーキングはがまんできるのに、早めにかけ初めてる。

筑波を慣れだけで走ってるツケが回ってきた気分。

筑波ツーリスト・トロフィー in April

筑波ツーリスト・トロフィーin Aprilに参加しました。

前日の特スポの感じから、表彰台を狙える感じはまったくなし。本番パワーを多少期待してレースに臨みました。

20160423_064706

予選
  周りの方の手はずのおかげで一列目でコースイン。コースはコンディションも良くクリアなのに、やはりタイムだけがついて来ない。コーナー進入などけっこういっぱいいっぱいまで頑張ってるのにタイムは6秒辺り。なんとか5秒台に入ったところで一度ピットイン。以前は再スタートの後で大幅タイムアップもあったのだけど、今回はそれもなかった。
結局、5秒5辺りのタイムで、予選22番手でした。
今回は、予選落ちもあったようだし、3秒台を出してる人が多く、例年なら最終戦のような盛況間があります。

決勝
   グリッドにマシンを並べると、スタートラインが遠い。隣ではグリッドを間違えた人がいたり、大きく斜めって並べている人がいたりと、雰囲気が違う。
   そしてスタート。8列目ともなると妙に落ち着いて、それほど悪くないスタートできまいした。

  スタート直後、1コーナーで少し前で転倒車。イン側にラインを変えてうまく避けることができた。アウト側に逃げたY君はそのままコースアウト?2週目までに2台抜いて、1台に抜かれて、あとはそのまま前に集団に追いかける展開。ジリッジリッと差が詰まるので、順位を気にしなければ楽しいレースです。もうちょっとで集団の後ろにつけそうなところで、チェッカー。
  上位陣に何台か転倒があったので、結果13位でした。

  レースを手伝ってくれた方々によれば、最終立ち上がってくるときの速度が他の車
両に比べて明らかに遅いとの指摘。CBRのとき、6Rのオーバーホール前も同じような
ことを言われたので、お馴染み間があります。
他のNM参加者もそんなにOHしてるのだろうか、と思ってしまう。

筑波スポーツ走行 特スポ

筑波スポーツ走行を走りました。
明日(4/23)は筑波TTのため、午後からは特スポ。

20160422_063501

筑波は3/26に走って以来、以外に間があいてるので、1本目はけっこう緊張しました。

1本目
  先週のトミンで良い感じで走れたので、筑波でも同じ感じを出せるかをテーマに走行。先月末から気温が高くなったせいか、1ヘア、2ヘアの進入でサスが動きすぎたので、前後ダンパーを調整すると、リズム良く走れるようになった。

だけど、タイムがついて来ない。O氏から以前と『比べて走り方は良くなっている』とのコメントはもらえたし、自分でもそう感じてるのに、タイムがついて来ないので少しがっかり。

特スポ1本目
  周りの車両が走行開始早々からけっこうな勢いで走っていく。何台か明らかに速いバイクにパスされので、勉強がてらについて行こうとするのだけど、やっぱりついてけない。
  優勝を狙う人たちとの差を思い知り、少しブルーがはいってしまった。

特スポ2本目
  走行時間になりバイクにまたがってさあ!というときに、走行チケットが無い。時間前にタンクキャップにはさんだはずなのに。風が強かったので飛んだかと思って回りを探しても見つからない。
  オフィシャルに事情を話して、チケットを購入を確認してもらい、走行開始。結局4週程度しか走れなかった。タイヤもどたばたで冷えてしまい良い所がないまま走行終了。

走りかたは進歩してるのは感じられたのに、タイムがついて来ないことに、複雑な心境となる走行でした。

トミン走行会

トミン走行会のお手伝いに行ってきました。
お手伝いといっても、初級者クラスの先導走行と旗振りなのですが。

20160416_081724

お手伝いは名目で、来週の筑波TTのためにAクラス枠を走らせてもらい、練習してました。
最近は筑波を走れる機会が少なかったので、低速系スラロームのスクールに参加。その時に気づいた事を意識して走行。
午前中、午後のの走行を通して良い感触をえられた。

最後の走行では、さらに外足を意識すると、これまでにリアの動きが良くわかる感じがでてきた。
と、思ったところで、参加者のバイクの後ろについてしまい、パスするのも難しいので、走行を止めました。疲れたのでマシン操作が雑になってきたもの一因です。

最後の枠をもう少し走って、走りの良い感じを覚えたほうが良かったかも。

筑波スポーツ走行

  筑波スポーツ走行を走りました。

   今年は、この時期イベントが目白押しで走行枠が少ないので、休日枠の予約競争はなかなかに熾烈でした。なんとか、当月予約でB枠2本を取れました。

20160326_070103

   

 1本目は8:00から走行開始。なにげに今日は寒いです。
   最近暖かくなってきて油断してました、コースを1週回っても水温計が50度を切ってました。すぐにピットに戻ってラジエターにガムテを張ってピットアウト。

   CBR1000Fなんて重そうなバイクに2ヘア進入さされたので、進入がとっても遅かったのでしょう。

   2本目は、1本目の様子からフロントのイニシャルを調整。進入でもそれほどインをさされることも無くなったので、まずまず感でした。
   走行開始直後に出来ていたことが、走行終了前になると出来なくなってくるくるのは、疲れなのか、気負いなのか…

   ここ最近、取り組んでる乗り方の成果がちょっぴり感じられたスポーツ走行でした。

筑波スポーツ走行

ひと月ぶりの筑波2000。

20160305_063712

残念ながら予約は1本しかとれなくて、1本だけの走行でした。
暖かくなってきたためか、サーキットは満員御礼状態。

先週、DR-Zでスラロームを走るとで、リアサスの大きなストローク感がアクセルを開けやすい気がした。6Rでも同じような感じが出ればと、リアのイニシャルを抜いて、帳尻合わせ
にリアの車高を少しアップしてみた。

DR-Zからの乗り換えでハンドル位置に少し戸惑ったしつつ、リアの変更を確認するが…『リアの感じはよくなったかかもしれない』程度でそれほどでもない。
むしろ、先月から暖かくなったためかフロントが少し落ち着かなのが気になる。
あと、立ち上がりに掛けて若干リアが低くも感じる。
1度ピットに戻ってフロントのイニシャルを強めたけれど、ダンパーを調整すべきだったかも。

コース上も走行車両が多く、他のバイクに引っかかって走った感が足りないまま走行時間が終了。

1本しか枠を取れてないのが残念な感じでした。

筑波TT in September

9/13に行われた筑波ツーリストトロフィー in SeptemberのNMクラスに出場。結果は参加32台中、10位でした。

今回のTTもレース前日から筑波入りして、スポーツ走行2本と特スポ1本を走行。7月にOHしたエンジンに燃調が決まって来た結果、エンジンがヤル気にさせる感じに。タイムもベストに近いのが出て、良い感じでTTを迎えらました。

そして迎えたTT当日。

朝一の車検、今回は特別な指摘もなく終了。その後は緊張で落ち着かない気分のまま予選時間になってしまった。

予選は4番目にコースイン。今回のTTのNMクラスはエントリーが32台と台数が多かったので、お手伝いの方々が早めに動いてくれたたたまものです。
予選が始まると、4番目にコースインしたにも関わらず、なかなかクリアラップが取れない。1周回ってくる度に新たな車両がコースインしてくる、それでもいつもより+αのテンションで走っているうちに1,2周ぐらいクリアラップが取れたのかも(あまり覚えてない)。しばらくする
と同じSRTTからエントリーしているチバちゃんに追いたので、パスしようと試みるもパスできず、諦めてピットへ。
ピットで3秒台が出てること、現在8番手であると教えてもらいました。ベスト更新はうれしいけど、8番手ってどういうこと?、今年から卒業タイムが変わったにしてもみんな速すぎ。
結局、予選終了時点で12番手に落ちてた。

決勝は4列目の一番イン側からのスタート。お馴染みの風景と思ったら、3月が12番、6月が9番と、今年はほぼ同じグリッドからスタートしてるのね。

スタートは悪くは無い程度に、1コーナーはやっぱりというかラインが塞がれる形で通過。もっと強引に前のバイクにねじ込めれば良いのだけど。第二集団に入る形でレースが進み、何度か前を走るCBRに並びかけるもパスするまでにはいかないまま。あっ!というまにチェッカーが振られた。

結果は32台中、10位。上位の転倒とペナルティーを考慮するとスタートからポジション変わらず。 決勝中のベスト更新は良かったけど、レースとしては今一歩な感じですか。

次こそお立ち台!そしてTT卒業! したいなぁ。

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ